2011年

8月

18日

ポーランドから後期三畳紀の主竜類

Acta Palaeontologica PolonicaのForthcoming papersで、ポーランド南部の三畳紀末の地層(約2億500~2億年前)から産出した捕食性主竜類の記載が掲載されています。

Smok wawelski と命名されています。

 

 

Smok wawelski 新属新種 ただし、分類は主竜類までとなっています。獣脚類恐竜の可能性も、クルロタルシ類のラウスクス類である可能性もあるとしています。推定体長は5~6m、頭骨長は50~60cmです。

 

属名および種小名は、ポーランドの有名な伝説にあるドラゴンから。中世ポーランドの首都であったクラクフ(独名クラカウ)のVistula川沿いにあるWawel丘ふもとの洞穴に住んでいたそうです。smokはポーランド語でドラゴンを意味します。Wawel丘のドラゴンとなります。参考:Wikipedia

 

産地と層準:ポーランド南西部Lubliniecの西約2㎞のLisowice。Lipie Śląskie clay-pit三畳紀末

完模式標本:ZPAL V.33/15 1個体とみなされる頭骨の部分、骨盤、肢骨などが見つかっています。また、同一層準から同種のものとされる3本趾の足跡も見つかっています。

今回の論文は、まず記載ということで、系統分類などはさらに研究が進んでからになります。

 

Grzegorz Niedźwiedzki, Tomasz Sulej, and Jerzy Dzik

A large predatory archosaur from the Late Triassic of Poland

Acta Palaeontologica Polonica in press

available online 16 Aug 2011 doi:10.4202/app.2010.0045

リンク

恐竜パンテオン本サイト

 

グラファイトダイナソー

 山本聖士さんのサイト

 

「恐竜漫画描いてます」

 所 十三さんのブログ

 

半紙半生

 森本はつえさんのサイト