ここは、恐竜パンテオン次へのテスト中のサイトです。まだ製作練習や試行錯誤中です。将来的にはこちらにパンテオンを移設するつもりでいますが、それはいつのことになるか、わかりません。

2024年

7月

13日

圧巻!圧倒! 全長約37メートル 「パタゴティタン・マヨルム」 巨大恐竜展 2024

© Trustees of the Natural History Museum, London
© Trustees of the Natural History Museum, London
続きを読む

2024年

7月

10日

巨大恐竜展 2024 まもなく開幕!日本初上陸!

地球史上最大級の陸上動物 全長約37メートル

「パタゴティタン・マヨルム」全身復元骨格標本が完成

サンシャイン池崎さんがパタゴティタン・マヨルムの頭骨を設置!

続きを読む

2024年

6月

18日

線形測定を使用してスピノサウルスの生態学的生息地を診断する

要旨

 スピノサウルスをめぐる生態学的議論の多くは、定性的な議論が中心となっている。本研究では、頭骨の大きさを調整した線形測定値を用いた定量的な多変量データ解析アプローチを用いて、様々な竜弓類クレードと3つの生態学的領域(陸生、半水生、水生)における頭骨形状のパターンを検討する。クラスター分析を利用して、頭骨形状の特性と生態学的領域の占有を関連付けるデータの出現特性を同定した。その結果、陸生生態系は半水生生態系および完全水生生態系と有意に異なることが明らかになった。スピノサウルス類(スピノサウルスを含む)は、形態空間において獣脚類から離れ、海生分類群や渉禽類の近くにプロットされた。鼻孔の位置と吻端の伸長度が分類に最も大きな影響を与えた。教師ありクラスタリング(k-means)と教師なしクラスタリング(unsupervised clustering)の比較から、分類群を3つのグループ(生態学的領域)に分類することは不適切であることが示され、その代わりに、水生食物と陸上食物の摂食に対する形態学的適応に基づいてクラスタ分けが行われることが示唆された。長吻種における鼻孔の相対的な位置は、頭蓋のどの骨が伸長しているかと関連している。吻部の伸長は、上顎骨と前上顎骨の伸長、あるいは上顎骨のみの伸長によって観察される。その結果、鼻孔はそれぞれ眼窩の方に、あるいは吻部の前端に位置することになり、利用可能な摂食方法に影響を与える。スピノサウルス類、特にスピノサウルスは、上顎骨と前上顎骨の複合体の伸長を示し、鳥類、特に大型の魚食性分類群に見られる前上顎骨の伸長と同様の機能的結果を達成している。このような頭骨構造は、水棲の獲物を「立って待つ」捕食を、他の提案されている捕食方法よりも、より強力にサポートするだろう。

続きを読む

2024年

6月

17日

地球最大級の巨大竜脚類「パタゴティタン・マヨルム」全長約37mの全身復元骨格標本が日本初上陸!

音声ガイドのご案内 本展特設カフェのオリジナルメニューも登場!

続きを読む
Google
WWW を検索 恐竜パンテオン を検索

リンク

恐竜パンテオン本サイト

 

グラファイトダイナソー

 山本聖士さんのサイト

 

「恐竜漫画描いてます」

 所 十三さんのブログ

 

半紙半生

 森本はつえさんのサイト