2012年

4月

07日

骨格をもつ最古の動物

骨格をもつ最古の動物が記載されました。南オーストラリアの5億6000万年前~5億5000万年前の地層からです。

これまで最古の骨格をもつ動物は、カンブリア紀(約5億4200万~4億8800万年前)に、カンブリア爆発に伴って出現したと考えられてきました。

Coronacollina acula(縁付きの丘ととげ) と命名されたこの 生物、化石としては高さ1.5cm、さしわたし約2.2cmですが、実際の高さは3~5㎝ありそうです。カイメンのような構造をもっていましたが、中心部から長さ20~40cmの細いとげが、少なくとも4本生えた、独特の形状をしています。摂食活動もカイメンのように、海水中の食物をろ過していたと考えられています。

「この生物は、カンブリア紀に登場する外骨格をもった生物の前駆体だ」と、カリフォルニア大リバーサイド校教授Mary Droserは述べています。骨格をもつ生物はカンブリア紀に突然現れたわけではなかったのです。

 

読売新聞

カリフォルニア大リバーサイド校 MSNBC

Erica C. Clites, Mary L. Droser and James G. Gehling(2012)

The advent of hard-part structural support among the Ediacara biota: Ediacaran harbinger of a Cambrian mode of body construction

Geology First published online February 14, 2012, doi: 10.1130/G32828.1 v. 40 no. 4 p. 307-310

アブストラクト

リンク

恐竜パンテオン本サイト

 

グラファイトダイナソー

 山本聖士さんのサイト

 

「恐竜漫画描いてます」

 所 十三さんのブログ

 

半紙半生

 森本はつえさんのサイト