2013年

11月

24日

”一角”恐竜ではなかった:チンタオサウルスの新しい復元

 チンタオサウルスTsintaosaurus は、"角"が生えた独特の頭蓋が印象的です。しかし、新しい復元では、まったく異なったとさか(稜)を持った頭蓋が提示されています。なお、チンタオサウルス族が新設されています。

アブストラクトほにゃ訳
 ランベオサウルス亜科の Tsintaosaurus spinorhinus は、議論されてきたとはいえ、伝統的に、すべて鼻骨で構成された、上向き・中空・スパイク状の稜をもって復元されてきた。私たちは、完模式標本、副模式標本および断片的な稜の、形態と関節関係の再検討および再解釈に基づき、新しい復元を提供する。私たちは、高い鼻骨ばかりでなく前上顎骨も含めて構成された頭蓋上の稜を確認する。この稜は、方形骨に沿った頭蓋高よりも背側にまた僅かに尾側に距離が大きい、背が高く葉状で中空の構造であると仮説する。私たちの復元では、鼻腔は稜の中を通るが、鼻骨の管状の突起に対し吻側に頭蓋に入るが通リ抜けはしない。Tsintaosaurus spinorhinus は、一連の頭蓋の固有形質により再診断されるが、それにはcircumnarial(周鼻?)窩は3つの副窩に細分化される;前頭骨には上向きの吻側突起と外側のフランジがある;鼻骨は矢状に癒合し長く伸びた管状の突起を形作るが、それは頭蓋天井から背側に上昇する;それぞれの鼻骨は、菱形の遠位突起に向かって吻尾側に膨大する;頭蓋稜の頂点にある内側突起は、各鼻骨の菱形突起間に挿入される。Tsintaosaurus spinorhinus は、派生したハドロサウルス亜科(パラサウロロフス族およびランベオサウルス族)には存在する以下のような形質を欠く:頭蓋天井と鋭角になる、稜の尾側縁の回転;頭蓋内腔の一部を囲みthe common median chamber(共中室?)の壁の構成に加わる鼻骨の外側突起;リッジや副窩を欠いたスムースな鼻孔窩。私たちは、ランベオサウルス亜科の祖先的な吻部は、サウウロロフス亜科のそれとより同様であり、その後、このグループの進化の過程で複雑さが減少したと、仮説する。

Prieto-Márquez A, Wagner JR (2013)

The ‘Unicorn’ Dinosaur That Wasn’t: A New Reconstruction of the Crest of Tsintaosaurus and the Early Evolution of the Lambeosaurine Crest and Rostrum.

PLoS ONE 8(11): e82268. doi:10.1371/journal.pone.0082268 論文

リンク

恐竜パンテオン本サイト

 

グラファイトダイナソー

 山本聖士さんのサイト

 

「恐竜漫画描いてます」

 所 十三さんのブログ

 

半紙半生

 森本はつえさんのサイト