2013年

11月

29日

既知最古の共同トイレは、三畳紀大型植物食動物の群居性の証拠をもたらす

 アルゼンチン、約2億3500万年前の地層から、カンネメイエリア形ディキノドンの糞石群集がみつかりました。哺乳類でも複数個体が糞を一定の場所にする例が知られていますが、これは年代を大きく遡った、その最古の例になるそうです。

(a) In-situ not concretioned coprolites exposed at latrine #1 (see Supplementary Information). (b) Coprolite within concretion at latrine #2. (c) Diversity of coprolite shapes and sizes from several communal latrines (CRILAR-Pv 464).
(a) In-situ not concretioned coprolites exposed at latrine #1 (see Supplementary Information). (b) Coprolite within concretion at latrine #2. (c) Diversity of coprolite shapes and sizes from several communal latrines (CRILAR-Pv 464).

アブストラクトほにゃ訳
 共同トイレでの排便は、現生哺乳類の中でも広く大型植物食動物間で分布している共通の習性である。この習性は、重要な生物学的・生態学的意味を持つ社会的機能の鍵となっている。植物食動物の共同トイレは、哺乳類および例外的に新生代後期に限られたその化石記録からのみ文書化されている。私たちは、アルゼンチン、中ー後期三畳紀Chañares層にある、いくつかの大規模な糞石群集の発見を報告するが、それは高面密度、小エリアの拡張およびタフォノミーの属性に基づいた共同トイレを表すものである。いくつかの証拠(サイズ、形態、豊富さおよび糞構造)およびそれがカンネメイエリア形ディキノドンに関連することから、これら大型単弓類は共同トイレを生み出し、現生大型植物食動物に匹敵する群居習性をもっていたが示される。これは非哺乳類における大型植物食動物の共同トイレの初証拠であり、この哺乳類型習性が哺乳類の遠縁に存在し、その最古の記録より2億2千万年先立つことを示す。

 

Lucas E. Fiorelli, MartA-n D. Ezcurra, E. MartA-n Hechenleitner, Eloisa  Arganaraz, JeremA-as R. A. Taborda, M. Jimena Trotteyn, M. BelAcn von Baczko & Julia B. Desojo (2013)
The oldest known communal latrines provide evidence of gregarism in Triassic megaherbivores.
Scientific Reports 3, Article number: 3348 doi:10.1038/srep03348 論文

 

ナショナルジオグラフィック(日) MSN産経

リンク

恐竜パンテオン本サイト

 

グラファイトダイナソー

 山本聖士さんのサイト

 

「恐竜漫画描いてます」

 所 十三さんのブログ

 

半紙半生

 森本はつえさんのサイト