2014年

7月

03日

太古の哺乳類展 ナウマンゾウ3体の全身骨格組立

 「太古の哺乳類展-日本の化石でたどる進化と絶滅ー」は、国立科学博物館で2014年7月12日(土)から10月5日(日)まで開催されます。7月3日、ナウマンゾウ骨格3体の組立がメディアに公開されました。

ナウマンゾウ、メスの骨格組立
ナウマンゾウ、メスの骨格組立

 国立科学博物館の冨田幸光地学研究部長の解説のもと、骨格組立は始まりました。まず、メスの骨格からです。後肢だけ組みあがったところに、肋骨を含む胴椎が取り付けられます。次に前肢、そして頭骨、下顎の順に取り付けられました。

オスの頭骨取り付け
オスの頭骨取り付け

 続いて、オスの頭骨と下顎が取り付けられました。オスはメスよりかなり体格が大きいため、頭骨も大きさが違います。加えて牙も大型ですから、取付は大変です。

ナウマンゾウ、子どもの骨格組立
ナウマンゾウ、子どもの骨格組立

 オス、メス成体骨格の間には、子どもの骨格が設置されました。本当に小さい、かわいい骨格です。

3体組みあがり
3体組みあがり

 こうして、ナウマンゾウ3体の全身骨格が組立おわりました。これらのナウマンゾウは、「家族」として並んだ姿で見ることができる日本初の展示となります。

 「太古の哺乳類展-日本の化石でたどる進化と絶滅-」では、ナウマンゾウのほかに、パレオパラドキシアやヤベオオツノジカ、ニッポンサイなど、およそ1億2000万年前から1万年前に絶滅した哺乳類が大集合します。これだけの規模で、日本の太古の哺乳類を紹介した特別展は世界で初めてになります。ぜひご覧になってください。

リンク

恐竜パンテオン本サイト

 

グラファイトダイナソー

 山本聖士さんのサイト

 

「恐竜漫画描いてます」

 所 十三さんのブログ

 

半紙半生

 森本はつえさんのサイト