2012年

3月

31日

竜脚類Turiasaurus riodevensisの頭蓋解剖学とその系統関係への影響

Turiasaurus riodevensis はスペインのTeruel地方、ジュラ紀と白亜紀の境界にあたる地層から産出した竜脚類です。その頭蓋要素が研究され、他の竜脚類との系統関係が明らかになりました。

Turiasaurus の頭蓋は、大型のへら状の歯、膨大し、一部退縮した外鼻孔および広く丸い鼻面をしているっことから、Jobaria, Camarasaurus および Mamenchisaurus youngi に最も類似していることが明らかになりました。

系統関係としては、Turiasaurus, Losillasaurusおよび Galveosaurus をまとめてTuriasauria というクレードが新竜脚類のすぐ外側に位置するとしています。

Rafael Royo-Torres & Paul Upchurch (2012)

The cranial anatomy of the sauropod Turiasaurus riodevensis and

implications for its phylogenetic relationships.

Journal of Systematic Palaeontology (advance online publication)

DOI:10.1080/14772019.2011.598577

アブストラクト

リンク

恐竜パンテオン本サイト

 

グラファイトダイナソー

 山本聖士さんのサイト

 

「恐竜漫画描いてます」

 所 十三さんのブログ

 

半紙半生

 森本はつえさんのサイト