2012年

4月

28日

Deinocheirus はなぜ前肢しか残らなかったのか

Deinocheirus といえば、あの巨大な前肢をイメージする方も多いと思います。しかし、その他の骨はどこにいったのか、その謎が解明されました。

ウランバートルの自然史博物館で
ウランバートルの自然史博物館で

Deinocheirus の骨は他に椎骨や腰部の骨があるそうです。1965年のポーランド・モンゴル共同発掘調査で発見されたものです。2008年、韓国・モンゴル共同発掘調査で、唯一発見されたDeinocheirus 発掘地を再調査したそうです。その結果、多くの骨片といくつかの腹肋骨が採集されました。2つの腹肋骨を詳細に調べたところ、骨が削られたあと、数本の平行線の溝があることがわかりました。平行線の溝は広いU型で、その径は0.5㎜でした。これを調べると、Tarbosaurus の歯の小歯、セレーションと一致したそうです。

このことから、Tarbosaurus がDeinocheirus を殺して食べたのか、死肉を食べのかはわかりませんが、食べたことがわかりました。と当時にDeinocheirus の他の骨がない理由もわかったのです。

 Deinocheirus の全体の姿がわかるのは、新たな標本が発見されるまでお預けのようです。

 

Tarbosaurus Leftovers Explain Dinosaur Mystery

 

Phil R. Bella, Philip J. Currieb, Yuong-Nam Lee(2012)

Tyrannosaur feeding traces on Deinocheirus (Theropoda:?Ornithomimosauria) remains from the Nemegt Formation (Late Cretaceous), Mongolia

Cretaceous Research Available online 25 April 2012 In Press

http://dx.doi.org/10.1016/j.cretres.2012.03.018

リンク

恐竜パンテオン本サイト

 

グラファイトダイナソー

 山本聖士さんのサイト

 

「恐竜漫画描いてます」

 所 十三さんのブログ

 

半紙半生

 森本はつえさんのサイト