2013年

8月

09日

ヨーロッパ群島のランベオサウルス亜科恐竜

これまでヨーロッパで記載されたランベオサウルス亜科恐竜について再評価を行い、またピレネー南部で採集された標本をCanardia garonnensis として記載しています。同亜科に族(亜科と属の中間の分類群)、アラロサウルス族 、チンタオサウルス族、ランベオサウルス族およびパラサウロロフス族を設定しています。

アブストラクトほにゃ訳

私たちはヨーロッパ群島から産出したランベオサウルス亜科恐竜について、分類学的多様性、系統関係および史的生物地理の徹底的な再評価を提供する。これまでに出版されたヨーロッパのランベオサウルス亜科恐竜は再評価され、南-中部ピレネーの上部マーストリヒチアン層から産出した新標本が記載された。この地域からこれまで採集されたハドロサウルス科の材料からは、サウロロフス亜科の認識は支持されない。フランス南部、上部マーストリヒチアンの地層から採集された頭部ほかの材料に基づき、基盤的ランベオサウルス亜科の新属新種恐竜、Canardia garonnensis が記載された。C. garonnensis は、上顎に著しい長方形様の吻背側フランジをもつ点で、Aralosaurus tuberiferus を除くすべてのハドロサウルス科と異なっている。また、上顎骨と前頭前骨のいくつかの形質において A. tuberiferus と異なっている。A. tuberiferus とC. garonnensis は新しく認識された族(tribe) アラロサウルス族(Aralosaurini) に統合される。最大節約法により得られたヨーロッパのランベオサウルス亜科恐竜の相互関係から、既知の3つの他のヨーロッパのランベオサウルス亜科は、これらハドロサウルス科の追加のサブクレード(族)を代表する:チンタオサウルス族 (Pararhabdodon isonensis) およびランベオサウルス族(the Arenysaurus ardevoli-Blasisaurus canudoi clade)。アラロサウルス族、チンタオサウルス族、ランベオサウルス族およびパラサウロロフス族がここで初めて正式に定義・記載されている。ヨーロッパのランベオサウルス亜科の歴史生物地理学を推論するために、その祖先の範囲を復元するの3つのイベント・ベースの量的方法が、実装された。分断/分散分布分析、ベイジアンバイナリMCMC法、分散-絶滅クラドゲネシスである。これらの分析の結果は、ヨーロッパの中生代化石記録中、マーストリヒチアン以前のランベオサウルス亜科の欠如とあいまって、アラロサウルス族とチンタオサウルス族は、マーストリヒチアンのある時期の分散イベントによりイベロ-アルモリカン島に到達した、アジアからの移住者であるという仮説を支持する。ヨーロッパのランベオサウルス亜科の歴史生物地理学で、マーストリヒチアン期に起こるいくつかの可能なシナリオ、ヨーロッパ地域からアジアまたは北米への分散、北米からヨーロッパへの分散イベントは、より決定的ではない。

Canardia garonnensis 新属新種

属名:“canard”仏語でアヒルの意。ハドロサウルス類恐竜であることをほのめかす。

種小名:" Haute-Garonne(オートガロンヌ)"フランス南部のこの恐竜の産地のある地方名から。

主な特徴:アブストラクトをご覧ください。

Prieto-Márquez A, Dalla Vecchia FM, Gaete R, Galobart À (2013)

Diversity, Relationships, and Biogeography of the Lambeosaurine Dinosaurs from the European Archipelago, with Description of the New Aralosaurin Canardia garonnensis.

PLoS ONE 8(7):          e69835.           

doi:10.1371/journal.pone.0069835 論文

リンク

恐竜パンテオン本サイト

 

グラファイトダイナソー

 山本聖士さんのサイト

 

「恐竜漫画描いてます」

 所 十三さんのブログ

 

半紙半生

 森本はつえさんのサイト