2013年

9月

22日

アンキロサウルス類恐竜の表皮および皮膚外皮構造

著者はアンキロサウルス科の進化と古生物学に興味を持って研究しています。尾のクラブの強度の研究などもしています。

アブストラクトほにゃ訳

アンキロサウルス類恐竜は、その豊富な、形態的に多様なな皮骨、それはかれらが生存していた時にスパイク状の外観を与えただろうが、そのために最も注目すべきである。単離した皮骨は比較的普通にあり、アンキロサウルス類の真皮構造に関して重要な情報を提供するが、アンキロサウルス類の軟組織表皮の化石化した印象は稀である。それにもかかわらず、いくつかのアンキロサウルス化石には良好に保存された外皮があるが、そこには皮骨は単一表皮うろこで覆われていたことが示されるが、1つまたは多数のミリメートルサイズの小骨が表皮うろこの基部、多角形の下にある場合がある。アンキロサウルス科の表皮うろこの構成の分類学的実用性の証拠が初めて提示された。本研究は、伝統的に認識されているよりもアルバータのダイナソーパーク層のアンキロサウルス科は大きな多様性があったと主張するこれまでの骨学的研究の上に構築し、表皮の印象は多様な恐竜のクレード全体で分類学的に関連しているという仮説に追加するものである。

Arbour, V. M., Burns, M. E., Bell, P. R. and Currie, P. J. (2013)

Epidermal and dermal integumentary structures of ankylosaurian dinosaurs.

J. Morphol.. doi: 10.1002/jmor.20194 アブストラクト

リンク

恐竜パンテオン本サイト

 

グラファイトダイナソー

 山本聖士さんのサイト

 

「恐竜漫画描いてます」

 所 十三さんのブログ

 

半紙半生

 森本はつえさんのサイト