2013年

12月

22日

フランス南部、白亜紀後期のアベリサウルス科恐竜

 フランス南東部、エクス・アン・プロヴァンス盆地の白亜紀後期の地層(カンパニアン後期)から産出した頭部および頭部より後方の骨格に基づき記載されています。

Cranial anatomy of Arcovenator escotae gen. et sp. nov. a–e, holotypic basicranium MHNA-PV-2011.12.1 with its right postorbital, in dorsal (a), left lateral (b), posterior(c) views and right postorbital in lateral (d) and anterior (e) views. f, hypothetic
Cranial anatomy of Arcovenator escotae gen. et sp. nov. a–e, holotypic basicranium MHNA-PV-2011.12.1 with its right postorbital, in dorsal (a), left lateral (b), posterior(c) views and right postorbital in lateral (d) and anterior (e) views. f, hypothetic

Arcovenator escotae 新属新種

属名:"Arco":この標本が産出したArc川が流れる盆地にちなむ。+"venator":ラテン語でハンター

種小名:"escotae":2006年以来この産地の発掘に資金提供をしている高速道路会社ESCOTAに献名。

産地と層準:フランス南東部、エクス・アン・プロヴァンス盆地、Pourrières村近くのA8自動車道沿い、Jas Neuf Sud発掘地。下部 Argiles Rutilantes層(カンパニアン後期)。

本論文の系統古生物学で、アベリサウルス科に新亜科マジュンガサウルス亜科が設立されています。これは全てのアベリサウルス科の中で Carnotaurus sastrei より Majungasaurus crenatissimus に近縁なものを含むとされています。本論文では、そのメンバーは Arcovenator escotaeMajungasaurus crenatissimus、Indosaurus matleyiRahiolisaurus gujaratensisおよび Rajasaurus narmadensis としています。

Strict consensus tree of the phylogenetic relationships of Arcovenator escotae within Ceratosauria, shown on a stratigraphic (Gradstein et al., 2012) and palaeobiogeo-graphical (Holtz et al., 2004) framework.
Strict consensus tree of the phylogenetic relationships of Arcovenator escotae within Ceratosauria, shown on a stratigraphic (Gradstein et al., 2012) and palaeobiogeo-graphical (Holtz et al., 2004) framework.

アブストラクトほにゃ訳

 アベリサウルス科は、ゴンドワナ陸塊に広い分布を持つ、主に白亜紀の獣脚類恐竜の科である。ヨーロッパで彼らの存在は25年前に報告されたが、主に提供される標本の不完全さのために、議論をされている。ここで私たちは、フランス南東部、eponym市近郊、エクスアンプロヴァンス盆地の白亜紀後期(後期カンパニアン)の産地から産出した、非常に診断基準となる脳函を含む保存状態の良いアベリサウルス科材料の発見を報告する。新しいアベリサウルス科分類群、Arcovenator escotae 新属新種が、頭蓋および頭蓋より後方の材料に基づき記載された。系統解析から、この新しいプロヴァンス産のアベリサウルス科は、南米の同類よりインド、マダガスカルからの分類群に密接に関連していることが明らかになった。さらに、 GenusaurusTarascosaurusおよびこれまでの白亜紀後期の発見は、基盤的アベリサウルス科として識別されることが明らかになった。 アベリサウルス科進化の古生物地理モデルとしてこれまで提案されたものとは対照的に、ヨーロッパの新たな分類群の存在は、ヨーロッパとアフリカは明らかに海洋の障壁を越え、アベリサウルス科の分散に大きな役割を果たしていた可能性を示唆している。

 

Thierry Tortosa, Eric Buffetaut, Nicolas Vialle, Yves Dutour, Eric Turini & Gilles Cheylan (2013)

A new abelisaurid dinosaur from the Late Cretaceous of southern France:  Palaeobiogeographical implications.

Annales de Paleontologie 

http://dx.doi.org/10.1016/j.annpal.2013.10.003

リンク

恐竜パンテオン本サイト

 

グラファイトダイナソー

 山本聖士さんのサイト

 

「恐竜漫画描いてます」

 所 十三さんのブログ

 

半紙半生

 森本はつえさんのサイト